動画をもっと見る

 15日の近畿地方は、朝から高気圧に覆われ晴れ間が広がる好天に恵まれたが気温は上昇。気象庁によると、大阪府枚方市では同日午後4時までに最高気温29.4度を観測。京都府福知山市では30.6度を観測するなど、近畿地方各地で今年の最高気温を記録する暑い一日となった。

【拡大写真付き】夏日の大阪・中之島3700株の色鮮やかなバラ咲き誇る

[写真]照りつける日差しを日傘や帽子でしのぐ人の姿がみられた=15日午後3時半ごろ、大阪府枚方市で(撮影:柳曽文隆)

 大阪府内では最も暑い気温を観測した枚方市では、日傘や帽子で暑さをしのいで歩く人の姿が多くみられた。京阪・枚方市駅前では、日傘をさしてバスを待つ人の姿もあり、枚方市内に住む女性(44)は「一昨日の雨の時は寒さを感じたのに、間もなくこの暑さなのでしんどいですね」と苦笑していた。高架下にある同駅構内のベンチでは暑さをしのいで座る人の横で、ハトも休憩する光景がみられた。

 気象庁は、熱中症など健康管理に注意を呼びかけている。あす16日の近畿地方は、高気圧に覆われて晴れ間がでるものの、午後は気圧の谷の影響で曇る見込み。大阪市内では最高気温が26度、最低気温は18度の予想となっている。