今回の写真は、大阪市中央区難波の「南海ビルディング」付近。南海ビルディングといえば南海電鉄なんば駅に併設し、「大阪タカシマヤ」があることで知られる。この建物の工事を行った大林組の公式サイトの竣工(しゅんこう)作品一覧には1932年竣工と記されており、国の登録有形文化財にも指定されている。

【拡大写真付き】スイスホテル南海の裏側には「大阪球場」があった(いちばん下へスクロール)

[写真]南海ビルディングの屋上には小さな観覧車が。高層ビル「スイスホテル南海大阪」や「大阪府立体育会館(現・エディオンアリーナ大阪)」が写る=2004年5月、大阪市中央区で(撮影:柳曽文隆)協力:小川航空

 1枚目の写真は、2004年5月に撮影したもの。そこで目につくのは、大阪タカシマヤ屋上遊園地にあった観覧車だ。筆者は40代だが、子どものころの記憶をたどると観覧車はすぐに1周できるかわいいものだったが、なんばの中心からの眺めは気分が良かった覚えがある。

 その横にはテントの下にゲーム台やキャラクター遊具などが並んでいた。観覧車は現在、撤去されている。写真中央には、スイスホテル南海大阪や大阪府立体育会館(現・エディオンアリーナ大阪)も写っている。

[写真]道頓堀付近から南海ビルディング方面を望む。左側には「通天閣」や「日本橋でんでんタウン」も写る=2017年10月、大阪市中央区で(撮影:柳曽文隆)協力:小川航空

 2枚目の写真は、2017年10月に撮影したもので、1枚目の写真からはかなり引いた形となるが、スイスホテル南海大阪の横には、南海会館ビルの跡地で、今年9月に完成予定のビル「なんばスカイオ」の工事現場も写る。

 同ホテル後方には緑が豊富な「なんばパークス」。写真左側(東側)には「通天閣」や「日本橋でんでんタウン」の看板が確認できる。

 1枚目の写真は、筆者のパソコンに残されていたものだが、もし消していたらこの風景を忘れていたのかもしれない。同時に「こんなに変わるなら、街の風景をもっと撮っておけばよかった」と少し後悔もしてしまう。
(協力:小川航空)