動画をもっと見る

 「レセプションアタックを武器にしながら、Bパス、Cパスとサーブレシーブが入らなかった時やセッターが前衛の攻撃時の決定率も上げる」──。女子バレーボール日本代表の中田久美監督は今シーズンの強化ポイントとして、サーブレシーブの精度を高めながらバックアタックを含めた攻撃枚数を増やすと意欲を語った。「ネーションズリーグ」「アジア大会」「世界バレー」を戦う2年目は東京五輪のメダル獲得を占う大事な1年になる。サーブレシーブをして前からバックからも「苦しい時に決める」。重要な役割を担う古賀紗理那、石井優希、黒後愛、井上愛里沙がそれぞれのチャレンジや、今シーズンに懸ける思いを語った。

【拡大写真と動画付き】バレー中田久美監督に聞く 課題の「攻撃力」どう点を取っていくのか

古賀紗理那「苦しい時にも強気で決めにいく」

[写真]古賀紗理那「強気にトスを呼んで『全部決めにいく気持ち』で」

 私の仕事は点数を取ることなので、どの試合でもチームが苦しい状態の時でも、コンスタントに点数が取れるように、ということを一番の課題としています。調子がいい時は誰でもできる。チームが苦しい状況の時に点数が取れる選手が必要だと思うので、強気にトスを呼んで、“全部決めにいく気持ち”で頑張りたいと思います。

 (昨季のV・プレミアリーグで)NECは外国人がいなかったので苦労した分、いい経験になったと思いますし、自分たちで何とかする! とバックにいても常に攻撃の意識がありました。そこはしっかり代表でも活かしていきたいと思います。

 「レセプションアタック世界一」というのが、久美さん(中田監督)が挙げたチームの課題でもあるので、レセプション(サーブレシーブ)をしっかり返して決める! ことをまず徹底してやっていきたい。それから、もし乱れた時でも強気で点数を取りにいく。崩れた時に二段トスが上がってきた時でもただ返すのではなくてしっかり決める! ということを意識してやっていきたいと思います。

 日本人選手の方がディフェンス力はあると思いますが、外国人選手は逆にブロックが高いので、ブロックを利用して点数を取る。決め方はいっぱいあると思いますし、自分の工夫しだいで点数が取れると思うので、意識してやっていきたいと思います。ポジション争いもあると思いますが、自分は自分で、「点数を取る」という課題に向き合ってやりたいと思います。

 去年は膝を痛めて、全日本シーズンの最後まで残れなかったのは悔しかった。「どこかを痛めるということは体の使い方が間違っているということだから」と久美さんにも言われました。

 もう一回、自分の体と向き合って、体の使い方などを聞きながら、工夫してやっていけたらと思います。リハビリの時間を長く取ってもらい、膝に負担がかからない体の使い方をしっかり頭にインプットして、スパイクで振り上げる方向なども見直して、けがをしにくいように着地が安定したと思います。今、膝の痛みはほとんどないので、けがなく試合に出られるようにしていきたいです。