動画をもっと見る

 学校法人森友学園をめぐる補助金詐欺事件で、詐欺などの罪で起訴された前の学園理事長、籠池泰典被告(65)と、妻の諄子被告(61)が25日夕に保釈され、同日夜に大阪市内で会見を開いた。泰典被告は会見で「私はこれからも活躍させて頂きます。小学校建設については、まだあきらめておりません」と、勾留前と変わらない“籠池節”をみせていた。

【別の動画と拡大写真】突然、涙を見せた諄子被告の写真 会見全映像も

「財務省の問題で勾留され、国策勾留と認識している」

[写真]報道陣の質問に答える籠池泰典被告(右)と諄子被告=25日午後8時すぎ、大阪市内で(撮影:柳曽文隆)

 大阪市内の会見場には、開始1時間前になるとすでに多くの報道陣約150人がカメラのスタンバイなどを行っていた。保釈から約3時間後の午後8時、会見が始まった。

 籠池夫妻は昨年7月、森友学園をめぐる国有地売却で国などの補助金を詐取したとして逮捕された。そして、大阪地検特捜部から詐欺罪などで起訴され、逮捕からきょう25日の保釈までは300日にも及ぶ拘留期間を要している。

 泰典被告は会見の冒頭で「みなさん、お久しぶりでございます。長い、10か月間入っておりましたんで、体力も弱ってます。発声はできますのでしゃべらせて頂きます。財務省の問題で勾留され、国策勾留と認識している。妻はまったくの冤罪」と語気強く訴えた。保釈について、改めて述べようとした時、諄子被告が泣き崩れる場面も。そんな諄子被告に「ようがんばった、冤罪や」と声をかけると、カメラのシャッター音が一斉に響きわたっていた。

「私はこれからいろいろ活躍をさせていただくつもり」

[写真]諄子被告もマイクを手に質問に答える場面も=25日午後、大阪市内で(撮影:柳曽文隆)

 そして「私はこれからいろいろ活躍をさせていただくつもりですけど、小学校建設についてはまだあきらめておりません、決してあきらめておりません」と述べた。

 報道陣からは、森友学園との国有地取引を巡る決裁文書改ざん問題についての質問もいくつか出た。しかし、泰典被告はそれに対して「公判の準備中であることで詳細を話すのは控えたい」とした。また「10か月の間にいろんなことがあったんだなと。いま追いついていけておりませんが、国民が納得できるような方向性で進んでいかなければならない」と感想を述べていた。

 しかし、報道陣から「(安倍晋三首相の妻)昭恵夫人に対してはどのようなことを思うか」という質問が出ると「本当のことをおっしゃっていただければいいのではないかな」と答えていた。