JR西など3社、2019年度末を目標に導入へ

[図]新たな新幹線乗車サービスのイメージ図(JR西日本など提供)

 JR西日本、JR北海道、JR東日本3社は5日、交通系ICカードを新幹線の自動改札機にタッチして利用できる「新幹線IC乗車サービス」を2019年度末を目標に導入すると発表した。

梅雨時期に注意 近鉄・駅や電車での「傘」忘れ物保管期間を短縮へ

交通系ICカードを新幹線自動改札機にタッチして利用

[図]新たな新幹線乗車サービスのイメージ図(JR西日本など提供)

 JR西日本など3社によると、この新幹線IC乗車サービスは、スマートフォンなどを使って「えきねっと」(JR東日本、JR北海道)、「e5489」(JR西日本)のインターネット予約サイトで東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線の指定席や自由席を予約し、ICOCAなどの「交通系ICカード」を新幹線自動改札機にタッチして利用できるというもの。

 サービス提供区間は、東北・北海道・上越・北陸・山形・秋田の各新幹線全区間の停車駅相互間となっている。「e5489」でのサービス提供区間は、北陸新幹線全区間の停車駅相互間のみが対象となる。

利用できるカードはICOCA、Kitaca、Suicaを予定

 予約サイトでは、運賃と料金がいったいとなった「新幹線専用商品」を発売。同意列車、同一行程の場合は、一回の予約で6人までIC乗車サービスを利用でき、小児の利用者も同様にIC乗車サービスを利用できるという。また、利用できる交通系ICカードについては、ICOCAのほか、Kitaca、Suicaを予定している。

 サービスの開始時期は2019年度末を予定しており、開始日や具体的な価格などの内容は決まり次第お知らせするとしている。

 今回の導入についてJR西日本など3社は「このサービスを導入すれば、駅の窓口やの券売機に立ち寄ることなく、チケットを持たずスピーディに利用することができます」としている。