[写真]大阪モノレールの車両=2015年5月(撮影:北代靖典)

 18日午前7時58分ごろ、大阪府で最大震度6弱を観測する地震が発生した影響で運休が続いていた大阪モノレールは19日午後、あす20日の始発から大阪空港駅~万博記念公園駅間で運転を再開すると発表した。

大阪モノレール運行再開のメド立たず 入り口には説明のはり紙も

[写真]臨時記者会見で大阪モノレール復旧についても発表した大阪府の松井一郎知事=19日夜、大阪府庁で(THE PAGE編集部)

 同社によると、約10分~20分の間隔で運転を再開するという。また、万博記念公園~門真市両駅間、万博記念公園~彩都西間は、復旧に3日を要する見込みとも発表した。

 また、本線は引き続き他社による振替輸送が行われる。彩都線については、バスによる代替輸送を行う。始発の時刻は大阪空港駅が午前5時44分、万博記念公園駅発は同5時半としている。

 大阪府の松井一郎知事は、19日夜に臨時の記者会見を行い、この運転再開についても発表した。報道陣から「昨日は帰宅困難者の方が深夜までおられたが、大阪府が見えてきた課題は」という質問が飛んだ。

 それに対し松井知事は「鉄道事業者のみなさんもまずは安全第一の運行がいちばん重要な仕事ですからね。一概に我々が早く動かせというのは無理があると思いますが、今回、各鉄道事業者におかれては、持てる力を全力で尽くして頂いて、今の時点ではほぼ通常通りのダイヤ運行できている」と答えていた。

 また「この2日間の間に帰宅困難の方が多数出ましたから、鉄道復旧までの予測とその間の避難箇所、一時待機できる場所は周知を徹底する必要がある」と課題点をあげていた。