大阪府岬町で遊園地と動物園を併設する「みさき公園」(真貝征志郎園長)は13日、7月生まれのキリンの赤ちゃんの名前が「仙夏(セナ)」に、6月に生まれたカリフォルニアアシカの赤ちゃんの名前が「成々丸(ナナマル)」に決定したと発表した。いずれも一般に名前を募集していた。同園の広報担当者は「先日の台風21号の影響で倒木などの被害を受けましたが、ほとんど復旧できています。動物たちとお待ちしてます」と話している。

【拡大写真と動画】体重計で「キューン」と鳴いちゃう愛らしいナマケモノの赤ちゃん

「仙夏」は父の名と夏生まれであることが理由

[写真]7月8日生まれのキリンの赤ちゃん。名前が「仙夏(セナ)」に決定した。時折見せる座っての居眠り姿が愛らしい=8月20日、大阪府岬町で(撮影:柳曽文隆)

 同園によると、仙夏は父親の「仙一(センイチ)」の「仙」と、「夏」の生まれであるところから「仙夏」と命名したという。

 かわいらしく呼びやすい名前であることや、2015年に同園で誕生した「羽夏(ハナ)」(2016年に富山県の「富山市ファミリーパーク」へ引っ越し)の名前から一字ずつもらって「家族の絆を大切に大きく育ってほしい」という願いを込め、選ばれた。応募総数は853件だった。

成々丸は「大きく『成』長してほしい」から

[写真]カリフォルニアアシカの赤ちゃん(右)は「成々丸」と名付けられた=10日撮影(提供:みさき公園)

 一方、カリフォルニアアシカの赤ちゃんは「大きく『成』長してほしい」という思いから「成々丸」と命名。同園で生まれた7頭目のアシカの赤ちゃんで、父親の「チチ」のように大きく立派なアシカに成長してほしいという願いが込められているという。こちらの投票数は450件だった。

 同園では「16日午前10時からは仙夏の、午後1時からは成々丸の命名式を開催します。名前の発表式や、お母さんキリンの音羽(オトワ)には特別加工のごはんを、お母さんアシカのシーラにもごはんをプレゼントします」と話している。

4日の台風21号の影響で園内各所で倒木被害

 今月4日の台風21号による強風の影響で、同園内各所で倒木被害が相次いだ。広報担当者は「数えきれないほどの倒木がありました。(13日)現在も一部で倒木の撤去作業を行っていますが、動物たちに被害がなかったのは救いです」と話していた。