4日の台風21号による影響で、冠水などの被害を受け閉鎖していた関西国際空港(関空)のA滑走路や第1ターミナルについて、国土交通省は13日、14日からA滑走路の運用開始、また第1ターミナル南を再開すると発表した。

【拡大説明地図】関空の代替機能確保へ 最大で伊丹20便・神戸15便受け入れ

[画像]関西エアポートが公式サイトで発表した第1ターミナルの復旧状況。赤文字が13日の発表部分

 関空を運営する関西エアポートによると、第1ターミナルでは、電源設備などが損壊し停電などが続いていたが、復旧作業を進め、照明や空調、防災設備などの安全確認を行っていた。

 また、冠水で閉鎖されていたA滑走路はスイパーで表面を清掃し、成田空港からもスイパーを借りて清掃体制を強化しほぼ完了。灯火や電源キュービクルも復旧したという。