森重選手の写真と、三鷹市民にあてたサイン入り色紙

サッカーワールドカップの開幕が近づく中、東京都の三鷹市役所で5月19日、写真展「夢を力に2014 サッカー写真展‐SAMURAI BLUE(日本代表)×FC東京」が始まった。三鷹市をホームタウンとするJリーグ・FC東京から日本代表に選ばれた2選手を応援するもので、選手のメッセージ入り写真などが公開される。

サッカーワールドカップは6月にブラジルで開催される。FC東京から選ばれた日本代表は、権田修一選手(ごんだ・しゅういち ゴールキーパー)、森重真人選手(もりしげ・まさと ディフェンダー)の2人。今回の写真展は、三鷹市が日本サッカー協会、FC東京の協力を得て開催することになった。日本代表選手の写真やメッセージ入り色紙、FC東京の選手の写真パネルを展示する。

開催場所は、5月19日(月)~23日(金)は、三鷹市役所本庁舎1階市民ホール。6月9日(月)~20日(金)(土曜日・日曜日を除く)は三鷹市教育センター2階ロビー。いずれも時間は午前9時から午後5時まで。