フォトスポット除幕式に臨む椎木駅長とソラカラちゃん

東京スカイツリータウン(東京都墨田区)が5月22日に開業2周年を迎えた、この日、とうきょうスカイツリー駅構内にフォトスポットが新設され、除幕式が行われた。スカイツリー公式キャラクター「ソラカラちゃん」とスカイツリートレインと並んで写真が撮れるもので、人感センサーもあり、感知すると自動的に音声ガイダンスが流れる。

この日、同駅の椎木誠駅長とソラカラちゃんが除幕式を行った。また、フォトスポットの新設のほか、「感謝」の花言葉を持つ「バラの苗木」1000鉢が来場客にプレゼントされた。

東武鉄道では「多くの皆様のご支援で、2年間概ね順調に営業できたことに感謝いたします。今後とも地域の皆様と連携をはかり、多くのお客様にご満足いただけるよう一層努力してまいります」としている。

同社のまとめによると、東京スカイツリーには、開業から2013年度末(2012/5/22〜2014/3/31)の間、1172万人が来場。スカイツリータウンの来場者は、8403万人に上っている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします