踊りを披露する参加者

ハワイの文化・魅力を伝える「荻窪ハワイアンフェスティバル」が24日、東京都杉並区の荻窪タウンセブン屋上(上荻1-9-1)で開かれた。都内各地で活動する24のパフォーマーがフラダンスや歌を披露し、会場を盛り上げた。

杉並区によると、荻窪ハワイアンフェスティバルは今年で7回目。セミプロチームから「人前は初めて」というフレッシュチームまで幅広く、ハワイアンの魅力を伝えるイベントとなっている。会場では、アロハシャツやハワイアンアクセサリーなどのグッズ販売も行われ、会場はゆったりとしたハワイの雰囲気に包まれた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします