東京上空を飛行するブルーインパルス

国立競技場の「SAYONARA国立競技場FINAL“FOR THE FUTURE”」イベントのプログラムの一環で、航空自衛隊のブルーインパルスが30日、都心部で展示飛行を行った。

飛行したのは6機で、航空自衛隊松島基地(宮城県)の所属。この日、午後5時半過ぎの10分ほど、東京上空を飛行。多くの人々が空を見上げ、青空に白煙を残しながら飛ぶ6機を目で追いながら、写真を撮るなどした。

[写真]「ブルーインパルス展示飛行」の練習風景(堀江正俊氏撮影)

この日はリハーサル飛行で、本番の31日、同時刻に同じく6機が飛行する予定。