東京都は、6月3日にソフトバンクモバイルの孫正義社長ら携帯大手3社のトップを招き、携帯電話の通話環境やWi-Fiの接続環境の改善について、ヒアリングを行うと発表した。

他の出席者は、NTTドコモの加藤薫社長、KDDIの田中孝司社長、無線LANビジネス推進連絡会の小林忠男会長。

都は、2020年東京オリンピックに向け、携帯電話の通話環境やWi-Fiの接続環境の改善を図りたい考え。平常時・緊急時の利便性向上のほか、外国人旅行者を含む人々に快適な通信サービスを提供できるよう、各社から意見を聞く。