地球型のフローズン・グラス

冷やしたグラスで飲料を直接冷やして飲めるグラスを、ファンタステキ(神奈川県伊勢原市)が開発した。ビールや日本酒などの飲み物も、氷で味が薄まることなく、冷たくいただける。グラスは繰り返し使えるため、環境にも優しいとアピールしている。6月10日から販売を始める。

この「フローズン・グラス」は、地球と富士山形の2タイプ。グラス内底に隆起したソリッドガラスを使用。蓄熱性能があるもので、空のグラスを冷凍庫などで1時間ほど急冷することで、冷却機能を発揮する。約10分、保冷効果が持続する。冷蔵された飲料を注げば、ガラスオブジェ表面の飲料が薄く凍るほど冷やす力があるという。

小売価格は、地球型が1万2000円前後、富士山型が8000円前後(パッケージ込み)の予定。

THE PAGE 東京をフォローする