60000系車両

東武鉄道(本社・東京都墨田区)は、東武アーバンパークラインの新型車両60000系のデビュー1周年に合わせ、記念乗車券セットを6月14日日から発売する。1セット1000円(税込)で、3000セットのみの限定。

「60000系デビュー1周年記念乗車券セット」は、東武アーバンパークラインの始発・終着駅である大宮駅・船橋駅などからの片道硬券乗車券の6枚セット。台紙は見開き型で、60000系車両や、東武アーバンパークラインの路線図がデザインされている。東武アーバンパークライン全駅と東武グループツーリストプラザで購入できる。

60000系車両は、車体にアルミ合金を使用。LED照明の採用など省エネ化を進めたほか、同社初の公衆無線LANサービスを導入。1編成当たりの定員は850人。これまでの8編成・48両に加え、今年度中にはさらに8編成・48両の導入を予定している。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします