東京動物園協会は、クロマグロなどの死亡が相次いでいる葛西臨海水族園(田畑直樹園長)に関し、病理検査の結果、検体からウイルスが検出されたと発表した。現在ウイルスの特定を進めている。

展示水槽「大洋の航海者:マグロ」では、昨年12月から展示中のクロマグロ、スマ、ハガツオの死亡が続いている。検体を複数の研究機関に送って病理検査を行っていたが、そのうちの一機関から、依頼した3検体(クロマグロ:2検体、スマ:1検体)すべてでウイルスが検出されたと報告があった。

引き続き、他の機関の検査結果も踏まえ、総合的に死亡原因を検証していく方針。