豆をまく子どもたち

東京都北区ふるさと農家体験館(赤羽西5-2-34赤羽自然観察公園内)で2月1日(日)、古民家年中行事「浮間の節分」が開かれた。

区内の小学生ら12人が参加。浮間地区に伝わる豊作祈願のかけ声を唱えながら豆を煎り、古民家の座敷、土間、倉屋などで豆まきを行った。

豆をまき終えた後、追い出した鬼が戻ってこないよう襖を閉じるのが浮間地区に伝わる豆まきの特徴。古民家には、豆をまく子どもたちの元気な声とともに、襖を閉じる音が響き渡った。