東京地方では6日未明にかけ、雪や雨が降り、多摩地方では大雪となる恐れもある。

気象庁によると、低気圧や上空の寒気の影響で関東甲信地方では断続的に雪が降り、大雪となる所がある見込み。

6日18時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で長野県北部、関東地方北部山沿いで20センチ、箱根から多摩地方や秩父地方にかけて5センチ、甲信地方南部、関東地方平野部5センチ。東京23区3センチ。

同庁は雪や路面の凍結による交通障害等に注意を呼びかけている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします