東京地方では18日夜のはじめ頃にかけて雪や雨が降り、多摩地方では大雪となるおそれがある。

気象庁によると、前線を伴った低気圧が伊豆諸島の東にあり、18日は発達しながらゆっくり東へ進む見込み。また、関東甲信地方には上空約5500メートルに氷点下30度以下の寒気が流れ込む見込み。このため、23区や多摩北部、多摩南部でも積雪となる所がある見込みで、気温が低くなった場合には大雪となるおそれがある。

19日6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、多摩西部で10センチ、多摩北部、多摩南部、東京23区で3センチの見込み。

気象庁は、雪や路面の凍結による交通障害に注意するよう呼びかけている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします