2015年度の都立高校入学者選抜の第一次・分割前期募集の学力検査が2月24日、行われた。東京都教育委員会のホームページによると、今年は、全日制課程173校で31,763人の募集に対し47,520人の出願があり、応募倍率は1.50倍となった。

昨年、過去3年間の入試で大量の採点ミスが判明したことを受け、都教育委員会は、20校で解答の一部にマークシート方式を試験導入するなど採点方法を大幅に見直し、再発防止につとめる。

第一次・分割前期募集の合格発表は3月2日。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします