ハチ公と上野博士

渋谷駅のシンボルとして知られる秋田犬・ハチ公の没後80年の命日に当たる3月8日、東京大学農学部(文京区)のキャンパスで、ハチ公と飼い主である東大農学部上野英三郎博士の銅像が建てられた。

ハチ公は上野博士が急死した後も、10年間毎日、渋谷駅で待ち続けたといわれている。

東大でこの日、お披露目された新たな銅像は、ハチ公が上野英三郎博士に再会し飛びついて喜ぶ姿が描かれており、90年ぶりの再会となった。

銅像は、東大の教授らが3年前から寄付を募り、目標金額の1000万円超が寄せられて製作された。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします