多くの人々の注目を集めた北陸新幹線

北陸新幹線の金沢~長野駅間(228.1km)が3月14日(土)、開業し、JR東京駅や上野駅では大勢の鉄道ファンらが駆けつけ、熱気に包まれた。

最速所要時間は、東京〜金沢駅間(450.5km)でこれまでより約1時間20分短縮され2時間28分、東京〜富山駅間で約1時間短縮され2時間8分。最高速度は260km。

東京〜金沢駅間に速達タイプ「かがやき」と停車タイプ「はくたか」、富山〜金沢駅間にシャトルタイプ「つるぎ」の運転を開始。各列車にはサービス設備を充実させたW7・E7系新幹線車両を使用して、北陸エリアと首都圏をスピーディーかつ快適に結ぶ。また、「かがやき」「はくたか」には、最上級グレード「グランクラス」を導入している。

北陸新幹線は、上信越・北陸エリアを経由し、東京〜大阪間を結ぶ計画の新幹線。1997年に東京〜長野駅間は開業しており、今回の延伸は18年ぶり。2022年度には金沢〜敦賀間の完成が予定されている。開業から50年以上が経過した東海道新幹線の代替補完機能を確保するためにも、北陸新幹線の大阪までのフル規格による全線整備が必要となる。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします