ライトアップの様子

世界自閉症啓発デーの4月2日(木)、江東区の東京ゲートブリッジをブルーにライトアップする。時間は、日没から深夜0時00分まで。

東京都では、発達障害のある方や御家族の相談支援等に対応するとともに、関係機関への普及啓発等に取り組んでいる。

自閉症をはじめとする発達障害の啓発に取り組み、家庭や社会全体で理解が進むように、平成19年に国連総会で採択された4月2日を「世界自閉症啓発デー」としている。

ライトアップに使う青色は、癒やしや希望などを表している。

名所旧跡でのライトアップの取組は、世界各国においても世界自閉症啓発デーに賛同し実施されており、日本でも、札幌市時計台、東京タワー、横浜マリンタワー、大阪城、神戸ポートタワー等、日本各地の多くの施設で実施される予定。