ボランティアのユニホーム(東京都発表資料より)

東京都は6月19日から、東京の外国人旅行者に外国語で観光案内などを行う「街なか観光案内」を新宿、上野で開始する。観光ボランティアチームのチーム名は「おもてなし東京」となり、ユニホームも決まった。今後、外国人旅行者が多く訪れる地域で順次展開していく予定。

同ボランティアの活動は、毎週金曜日・土曜日・日曜日の週3日。活動時間は11時00分~17時00分。ボランティアが2人1組となり、街なかを巡りながら外国人旅行者に声をかけ、観光案内や道案内、各種情報を多言語で提供する。

今年度は、新宿駅西口周辺、上野駅周辺で実施。来年度以降は、外国人旅行者が多く訪れる地域で順次展開する予定。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします