リーリー(左)とシンシン(東京都発表資料より)

東京動物園協会は3日、上野動物園におけるジャイアントパンダ繁殖状況を発表した。一般的に2〜5月がパンダの繁殖期間とされるが、これまで、オスには発情行動がみられたものの、メスとのタイミングが合わず、交尾には至らなかった。6月以降も発情の可能性は残るため、今後も観察を続けるとしている。

対象のカップルは、リーリー(オス)とシンシン(メス)。オス(リーリー)は、1月上旬ごろから頻繁にメスのにおいに興味を示し、恋鳴き、においつけ、水浴びなどの発情を示す行動が見られたという。一方で、メス(シンシン)は、3月中旬から、水浴びをする、鳴き交わすなどの、発情に関する行動が若干見られたが、発情行動は散発的だったという。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします