海外における日本食レストランの数(農水省発表資料より)

農林水産省は、海外の日本食レストラン数の調査結果を発表した。約8万9000店(平成27年7月時点)にのぼり、前回調査(平成25年1月時点)の1.6倍相当に拡大。世界中で日本食ブームが起きている実態が浮き彫りになった。

外務省の協力を受け、229の在外公館で各国の日本食レストラン数を調べた結果、判明した。地域別では、オセアニアの2.6倍が最も増加率が高く、中東(2.4倍)、アフリカ(2倍)、欧州(1.9倍)と続いた。

同省はこうした世界的な日本食の人気を輸出拡大につなげようと、食関連団体、有識者とともに「日本食・食文化の普及検討委員会」を設置し、9月10日に本検討委員会を開催する。