開放のイメージ(国交省発表資料より)

国土交通省は14日、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の2つの入口料金所で10月20日から、ETCバーの開放運用の実験を開始すると発表した。

今回の実験は、NEXCO東日本と協力して実施。今後、各地でETCが基本のストレスのない「賢い料金所」の導入を目指す。

実施場所は、圏央道の桶川北本IC(10月20日〜11月19日)と、狭山日高IC(11月20日〜12月19日)。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします