動画をもっと見る

 老朽化や手狭になった「築地市場」を閉鎖し、新たに移転する「豊洲市場」の開業日は来年11月7日に予定されている。1年後に迫った移転に先立ち、東京都は29日、建設中の豊洲市場を報道陣に公開した。

【写真特集】来年11月オープン 「豊洲市場」の建設現場を公開

衛生管理を重視した「閉鎖型」

[写真]来年11月にオープンする予定の「豊洲市場」。写真は「青果棟」の外観

 豊洲市場は江東区豊洲6丁目に立地し、延べ床面積は全体で約51万平方メートルと、築地の約1.7倍の広さを誇る。市場の本体工事は来年3月までに完了する予定で、その後に内装工事などを進める。

 築地市場と違って「閉鎖型」施設となるのが特徴で、食品を気温や風雨から守り、衛生管理を強化する構造になるという。また、太陽光発電をはじめとする自然エネルギーを活用するほか、屋上緑化も取り入れるなど環境に配慮した設計がなされている。

[写真]豊洲市場は3つの街区に分かれている。写真は「水産卸売場棟」

 緑化された屋上部や物販エリアとなる観光施設など、一部は市民にも開放されるが業者スペースへの一般立ち入りは制限されることになっている。

 最寄駅は東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)の「市場駅」。

[写真]「水産仲卸売場棟」の館内

 

[画像]豊洲市場の完成予想図(提供:東京中央卸売市場)

 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします