国民生活センターは、マイナンバー制度開始に便乗した不審な電話やメールが10月以降増えているとして、注意するよう呼びかけている。

同センターによると、マイナンバー制度に便乗して口座番号を聞き出そうとしたり、個人情報の削除を持ち掛けたりするなどの不審な電話や、「あなたのマイナンバーが漏えいしている」などとサイトへのアクセスを誘導する不審なメールに関する相談が相次いで寄せられているという。

センターでは、マイナンバーの通知や利用手続き等で、国や自治体、その他公的機関の職員が家族構成、資産や年金・保険の状況、口座番号などを電話などで聞くことはなく、「マイナンバー制度に便乗した不審な電話はすぐに切り、来訪の申し出があっても断ってください」と呼びかけている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします