狐行列の様子

除夜の鐘とともに裃や着物姿の人たちが狐にふんして練り歩く「王子狐の行列」が12月31日から1月1日にかけ、東京都北区の装束稲荷神社(王子2-30-13)から王子稲荷神社(岸町1-12-26)までの約1kmで行われる。

狐の行列は、歌川広重の浮世絵に描かれた世界観を再現。子どもたちに地元の歴史や文化を伝えようと、地域住民らが平成5年から始めた。今回で23回目。

途中の権現坂では、王子稲荷神社から迎えに来た狐との「提灯交換の儀」が行われる。会場周辺は幻想的な雰囲気に包まれ、毎年多くの見物客が訪れる。