増田寛也元総務相が都知事選出馬を正式表明(撮影:具志堅浩二)

日本経済新聞:ありがとうございました。それでは幹事から数点ほど質問をさせていただきます。まずご説明の中でもおっしゃっていたところではあると思うんですけれども、いろいろな候補が出られてらっしゃいます、あるいは出馬表明されてますけれども、ご自身の強みという点ではどういう点が、他の候補よりも違う、あるいは優れている点だというふうにお考えですか。

増田:私自身は仕事の経験として建設省、そして他の自治体にも幹部職員として出ておりますし、それから地方行政では岩手県知事、さらには総務大臣と、行政畑を一貫して歩いてまいりました。国の立場で各自治体と関係をする、各自治体のトップとして国に対して分権を迫っていく。あるいは自治体の中でも、私は東京が生まれ育ちでありますが、地方から見た東京都はどのように見えているのか、そうしたものをこれまでずっと経験をしてきたところであります。一言でいいますと行政経験、そして現場での行政を数多くやってまいりましたので、そうしたことが私のバックグラインドとして息づいていると、このように考えています。

日本経済新聞:幹事からもう1点だけ。今回、候補の中では、都議会に対するスタンスについて、ちょっといろいろなご意見があります。ブラックボックスと称する方もいらっしゃったり。あるいは前知事については、都議会から不信任案を出されるという直前に辞任されました。都議会に対するスタンス、ご自身で今どのように考えてらっしゃいますか。

【中継録画】増田寛也・元総務相が都知事選の出馬を正式表明

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします