小池都知事定例会見10月21日(撮影:具志堅浩二)

記者1:ありがとうございます。それでは、幹事社から大きく分けて2つお伺いしたいと思います。まず1点目が知事が冒頭でおっしゃられました内部統制に関するご質問です。先ほど。

小池:冒頭っていうか最後?

記者1:あ、そうです。最後おっしゃられた口利きにつきまして、これまで記録制度があったのか、なかったのか、あるいは現状認識についてまず伺いたいのと、あと、先ほど都議会議員の政治資金パーティーで節度ある対応とおっしゃられましたけれども、具体的にどういう対応を取るべきなのかっていうお考えなのか教えてください。

小池:これまでのいわゆる情報っていうか、接点ですね。それについてはそれぞれのところでメモを残したり、そうでなかったりしていると聞いております。しかし、ここは一度、もう制度としてというか、まず認識として都庁内ではしっかりとそういったことについては記録を残すということを徹底したいと思います。国会と霞が関の関係でも同じような形で進められていたのを記憶しておりますけれども、ここであらためてこの制度っていいましょうか、この認識を、まあ制度ですね。良好な形での制度化ということをしていきたいと、こう思っております。

記者1:都議会議員の政治資金パーティーへの節度ある対応というのは具体的に。

※判別できない箇所がございますことを子了承ください。

【中継録画】五輪ボート会場見直しは? 小池都知事が会見