会見する小池百合子知事(具志堅浩二/THE PAGE編集部)

 東京都の小池百合子知事は21日午後、都庁で開かれた定例会見で、都職員が都議など都関係者と接触する際のルールについて、「職務遂行の上で都民の意見を取り入れるのは大切だが、口利き(など)、都民から誤解を受けることはあってはならない」と述べ、接触の記録を取るよう制度化すると発表した。都議らが開く政治資金パーティーへの出席についても「馴れ合いと見られないよう、節度ある対応をとるように(指示した)。都民、都議にもご理解いただきたい」と話した。

【中継録画】五輪ボート会場見直しは? 小池都知事が会見

 小池知事によると、これまでは記録を残すかどうか各部署によって対応が異なったという。今後は「記録を残すことを徹底したい。国会と霞が関の関係でも同じようなことをしていたと記憶している。改めてこの制度、要綱の形で制度化していきたい」と訴えた。