[写真]小池都知事(中央左)と若狭勝氏(中央)=23日夜、東京都豊島区(撮影:山本宏樹/deltaphoto)

 東京都の小池百合子都知事は23日夜、自身の後継として衆院東京10区補選に立候補した若狭勝氏の東京・豊島区の事務所に駆け付けた。午後8時、若狭氏の当選確実が報じられると、周囲の支援者らと握手を交わすなど喜びを分かち合った後、「地域の皆さま方が引き続き東京大改革を小池百合子に進めろと。さらに一歩前に進めろと。また地域のことは若狭さんに任せようと、そういう決断をした結果だと思っています」と述べた。

 選挙戦での若狭氏のイメージカラー「緑」は、都知事選で小池氏が使用していたもの。小池氏は「緑色のカラーや透明な、ガラス張りの車もそのまま活用していただいた。まさしくこの東京10区を若狭さんに任せたよという意味で、それを皆さま方がお認めいただいたものと思っております。しっかり連携をとりながら、(国・都・地元の)三者にとって、いい方向・いい道筋を作っていきたい」と語った。

 選挙期間中、応援演説を度々行ったことについては「今回の選挙は私が東京10区から抜けて都庁に転身したことに伴うもの。信頼できる方に後継してもらうということで、私にはその責任がある」と話した。

動画をもっと見る

【中継録画】衆院東京10区補選 当確の若狭勝氏が会見へ

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします