小池都知事定例会見10月28日(撮影:具志堅浩二)

東京新聞:ありがとうございます。今月の幹事社の東京新聞イシカワからいくつか伺います。今、お話しになられました豊洲市場に関しまして伺います。豊洲市場に関しましては地下水のモニタリング調査などで、環境基準値を超える有害物質が検出されましたり、若干の状況の変化が生じております。それにつきまして、築地市場からの移転につきまして、いつ判断されるお考えなのか、それをあらためて伺いたいのと、併せまして11月2日は当初の計画ですと築地市場が閉場する予定でございました。業者の皆さんからは早く補償について道筋を示してほしいというふうな声も出ておりますけれども、その補償に関するお考えをあらためて伺います。

小池:まず豊洲市場でありますけれども、おっしゃるようにモニタリング、もう途中で切り上げるということをしていたものが、そのあとになって非常に高い数値を示す結果が出たということがございました。やはりこれは続けていかなければならないと思います。また、地下の水管理システムが動きだしているということも、これ、あり、若干、環境、地下の水に関する環境も変化があるのかなと、このように思われます。

【中継録画】小池都知事の定例会見 五輪会場や豊洲市場など午後2時から