豊洲新市場のパース画像(提供:東京中央卸売市場)

 11月7日に築地から移転されるはずだった豊洲市場。汚染物質に対する安全性の検証の必要性から小池百合子都知事の移転延期決定後、「盛り土」「地下空間」など計画と異なる工事の実態が明るみになり、小池都知事の判断が注目を集めています。

 見えにくくなった豊洲市場問題の論点を建築という観点から、若山滋氏(建築家・名古屋工業大学名誉教授)が整理します。

【中継録画】小池知事の定例会見 豊洲市場への移転時期は?

 トランプ氏とクリントン氏の選挙戦は、嫌われ者どうし、史上最悪の大統領戦と言われ、アメリカを二分する接戦を演じたのだが、小池都知事の選挙戦は圧勝であった。結局、日本でもアメリカでも、人々は「変化」を選択したのであり、その余震がまだ続いている。

 圧勝の余勢を買って、新知事が就任後最初に問題としたのが、築地市場の豊洲移転である。いくつかの論点が浮かび上がったが、センセーショナルに報じられたのは盛り土問題であった。今更、という印象もあるが「あれは一体何だったのか、建築の専門家として説明してほしい」という声も強いので、正直な印象を述べてみたい。

盛り土……十分な建築的知識はあったか

 その話を聞いて、初めは何が問題なのかよく理解できなかった。

 すでに竣工した建築の下に、しかるべき盛り土が行なわれていない、というが、われわれの頭の中には、その程度の土は掘り返して工事するものという考えがある。木造住宅や軽量の鉄骨造は、盛り土の上に載せる感覚であるが、規模の大きい鉄筋コンクリート造では、地下空間と基礎構造が一体化され、最下部にはほとんど人の入らない水槽、配管、メンテナンス・スペースなどが設けられることも多い。そして地盤の悪いところでは、ボーリング調査によって地耐力の出る支持層まで杭を打って構造体を支えるのである。冷凍など市場特有の設備に加え、防災や情報の設備も多くなり、最近の建築はパイプ類が増えており、これが地下に集中する。東京の地下は、地上と同様に都市化が進んでいると言うべきであろう。

 盛り土を決定した専門家会議のメンバーは、マスコミのインタビューを受けて、それが行われていないことに憤慨していたが、果たしてその会議に、十分な建築的知識があったかどうか。