朝日新聞:幹事社、朝日新聞のオカです。幹事社から3点お伺いします。まず1点目が、今日午前中から多摩と島しょ部の市町村長との意見交換会というのが始まりましたけれども、すでに新年度予算案というのは作成済みなんですけれども、その寄せられた要望というのを、今後どのような形で反映されていくお考えなんでしょうかというのが1点目。そして2点目が今、ご説明のあった築地の業者への補償についてでありますけれども、ごめんなさい。計上されたのは50億?

小池:50億。はい。5、0です。

朝日新聞:はい。50億円計上ということなんですけれども、業界の移転、市場移転に向けた投資額は300億というような、そういうような試算もあるわけですけれども、あくまで現時点での計上ということでありますが、業者さんというのは当然どこまで、いくらまで補償をしてくれるんだろうか、この先というのを皆さん気にしてらっしゃるわけで、総額として今後、どの程度まで補償が可能だというような、そんな数字というのはお考えでしょうかというのが2点目。
 そして最後3点目ですが、議会との関係についてです。先日、議員の質問作成について、都職員の行き過ぎた関与というのを控えるようにという通知を出されたと伺っております。一方で議会で建設的な質疑をする、質疑応答をするというためには、一定程度の事前のやり取りというのも必要かと思います。知事はどういった行為を問題視されて、そのような通知というのを出されたのでしょうか。以上、3点お願いします。

【全文】小池知事定例会見2月10日(全文3完)石原氏から直接申し入れ受けていない

この記事の続きをお読みいただくには、Yahoo!ニュースが提供するTHE PAGE プラスの購入が必要です。

THE PAGE 東京をフォローする