小池知事定例会見2月24日(THE PAGE編集部)

朝日新聞:幹事社、朝日新聞の〓オカ 00:13:37〓です。まず冒頭、発表ありました快適通勤ムーブメントなんですけれども、ここで挙げられている、例えば時差出勤とかっていうのはこれまでも呼び掛けられてきてはいるんですけれども、混雑緩和の実感が広がっているかといったら必ずしもそうではないかなと思うんですが、そういう中で都はいったい実効性を上げていくためには、これまで以上に何ができると、何をすべきだと具体的にお考えでしょうか。

小池:まさしくそれが今回、設けることになりました協議会のテーマになります。おっしゃるようにいろいろと制度があるけれども、実際にはそれが有効に活用されていないということだと思います。育児についてもいろんな制度があるんですけれども、じゃあ実際それを使える働き方になってるかというと、そうではないというのと似たような状況かと思います。

 今日ちょうど、プレミアムフライデーですか。クールビズもそうなんですけど、上から変わらないとこの国は変わらないんですね。ですから、それからこれを一斉にしないとこの国は変わらないんですね。せいのでやらないとね。うちだけっていうのは、なかなかそういうふうに日本の企業や組織というのは動かないというのが1つの日本の象徴のような気もいたします。

【中継録画】小池都知事が午後2時から定例会見 百条委設置や五輪費負担は

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします