全国区の観光スポットとして知られるようになった「濃溝の滝」

「まるでジブリのようだ」 ── 。ネットに投稿された一枚の写真で一躍、全国区の観光スポットとして知られるようになった「濃溝の滝」。「まるで映画のような景色」と形容された千葉県君津市にあるこの滝に、連日数多くの人が訪れる。

全国区の観光スポットとして知られるようになった「濃溝の滝」

 写真に収める人も、目に焼き付ける人も皆、感嘆の声を漏らす。奥まで続く穴から流れてくる滝と、深い緑の森。この場所は、早朝には光が斜めに入りこみ、その光を反射する水面で光のハートを形作ることもあるという。

 350年ほど前の江戸時代、川の流れを変えるために掘られた農業用のトンネル。地元では「川廻しのトンネル」や「亀岩の洞窟」と呼ばれているという。

 そうした光の造形は、意図された形ではないだろうが、自然の神秘から生み出される景色は、どこか不思議で常に私たちを魅了してやまない。

(文章: Ryo Yokoo)

THE PAGE 東京をフォローする