動画をもっと見る

 東京都は2日、築地市場(中央区)の土壌汚染調査を開始した。

[画像]築地市場の土壌汚染調査の様子

 敷地内の111か所で土壌と地中のガスを採取し、ベンゼンやヒ素、水銀などの有害物質の濃度を調べる。調査は5日まで行われ、今月中に結果が公表される予定。

 築地市場の土地には戦後、米軍のクリーニング工場などがあり、都は2016年に「土壌汚染の恐れがある」との報告をまとめた。市場移転をめぐっては、豊洲市場移転案と築地市場改修案を軸に検討を進めている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします