記者1:都市づくりの7つの戦略の中の3つ目の災害リスクと環境に立ち向かう都市の構築ということに関して質問したいんですが、豊洲の問題は、あそこは平常時の状態しか想定していなくて、巨大な地震があったり、あるいは津波が来たりといったときにどうするかということが、その対策というのが盛られていないと思うんですが、そうしたこととか、それからその無害化の問題も、法的に見れば基準値以下であれば無害であるというふうに法律ではなっているので、そういったことを採用するとか、そうした国際基準の環境アセスメントを採用してもう一度考え直すと、そうした判断をするということが、小池都知事であればおできになると思うんですが、それに関してはどのように思われますか。災害に対して。

小池:これは豊洲のみならず、特に人工的に造られた土地ということについての安全性っていうのは確保されなければならないと存じます。そういった点では、建物の耐震化ということではすでにチェックは済んでいると認識しております。それから液状化というようなことにつきましても、これまでも研究がなされているものと存じますが、それらも含めて今テーブルに、市場のあり方戦略本部で全て出していくということでございますので、まさしく総合的に判断すべきテーマではないかと思っております。

記者1:そうした意見などが、ほかの、専門家会議ではないところの専門家から寄せられていると思うんですが、そういうことも、その戦略会議の中では議論されているんでしょうか。そうした意見。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】東京都・小池百合子知事が定例会見

この記事の続きをお読みいただくには、Yahoo!ニュースが提供するTHE PAGE プラスの購入が必要です。