第9回市場問題PT会議 報告書案を議論(THE PAGE編集部)

小島:よろしいでしょうか。じゃあ次のポイントでございますが、38ページです。築地市場のその価値、特徴と課題の中の築地市場の価値というものをどういうふうに見るか。で、今まで陰に日向に出てまいりました築地市場というブランド力ですね。一般に会社の名前、具体的に言ってもあれですけど、例えばトヨタはトヨタのブランド力が、いわゆるのれん代みたいなものですね。そういうブランドにはブランドの経済的な価値があるわけですけれども、この築地市場というのは世界にも非常に有名な市場(いちば)、市場(しじょう)ですし、国内もあちらこちらに築地直送というのが商売になるというぐらいのブランドを持っています。

 このブランドの価値というのをどういうふうに考えるか、いうことです。ブランドは一朝一夕にはなかなか形成できないものですけれども、その価値というものをこの問題に当たってどう考えるかということで、立地、歴史、それから観光拠点と、こういうような点から、ここに記述をしております。この点についてご意見をお願いします。菊森先生、お願いします。

菊森:一般的にブランドっていいますのは、中身の保証がある、ある程度裏切らない、内容に確実なものがある、きちんと作られているというのを生産の場合には特にブランドというふうに呼んでいますけれども、私は地域、あるいは流通にもこのブランド力っていうのがあるというふうに思っています。そういう意味ではきちんと築地を経由した水産品にしても青果品にしても大きな間違いはないと、安心して買っていくこともできるということかなというふうに思っています。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】豊洲移転問題で都の市場PTが第9回会合 報告書案を議論

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします