築地市場の豊洲市場への移転問題をめぐり、東京都の「市場のあり方戦略本部」(本部長・中西充副知事)が15日から2日間行われる。15日は午後2時から都庁で、市場のあり方と市場会計の持続可能性について議論する。

[写真]小池百合子知事は今年3月24日の定例会見で、市場のあり方戦略本部の設置を表明した(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 この日の会合は約1時間の予定。小池百合子知事のほか、中西本部長、政策企画局長、中央卸売市場長らが出席し、市場問題プロジェクトチームや専門家会議の報告書や提言をもとに、豊洲や築地市場の課題を整理する。ここでの議論を踏まえ、小池知事は市場移転に関する「総合的な判断」を下すとしている。23日告示の都議選前に結論が示されるかに注目が集まっている。

※THE PAGEではこの会合の模様をライブ配信します。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします