共産・志位和夫委員長が会見(THE PAGE編集部)

司会:(英語)

記者1:ドイツのフリーランサーです。(英語)

志位:小池知事に対する私たち共産党のスタンスは、良いことに賛成し、悪いことに反対する。是々非々という立場を厳格に貫いております。小池都政になりまして1年近くがたちますが、この1年間を振り返ってみますと都民の切実な願いに即した前向きの変化も一連の分野で生まれています。奨学金の問題その他です。共産党はその面を評価して、小池知事の最初に作成した予算には賛成の態度を取りました。

 ただ同時に今お話があったように、小池知事が旧来の自民党、公明党の都政で特徴的だった巨大開発優先の枠組み、これを引きずっていることも間違いのない事実なんです。先ほど東京外環道の話をいたしましが、これについては自民党の要求に小池知事が全面的に同意してるということは事実です。ですからこういう問題点については私たちは厳しく批判します。同時に小池知事の態度がこれからも変わらないとも見ておりません。今度の選挙で共産党が力を伸ばすことができれば、そうした小池知事のさまざまな問題点も変わってきうると。共産党の力を伸ばして、そういう知事のさまざまな、開発優先を引きずっているような問題点は正していこうということも併せて訴えております。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします