[写真]会見する小池知事

 東京都の小池百合子知事は22日の定例会見で、次の衆院選に向けて若狭勝衆議院議員が結成を目指す国政新党について、「どういう形で(協力を)行うかは考えていく」などと語り、具体的な関わり方については明言を避けた。

 若狭氏は、民進党を離党した細野豪志元環境相とともに新党結成に向けて準備を進めており、小池知事には党代表など新党の役員就任を要請していると一部で報じられている。

 小池知事は「改革を進めるのにはしがらみがないのが一番重要。若狭氏はそのしがらみのない政治を目指しており、応援したい」と述べたが、「どういう形で行うかは考えていく」「いろいろと状況が動いている。よくウオッチしていきたい」など、具体的な協力方法については言葉を濁した。

 次の衆議選では、憲法改正が争点の一つになるとみられる。小池知事は「今の憲法はいろいろな観点から改正の余地があるが、憲法9条一点のみに議論を集約させることがこの国を思考停止に陥らせてきたと思う。もっと総合的にみるべきだ。議論を避けてはいけない」と持論を展開した。

(取材・文:具志堅浩二)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします