豊洲市場への移転後の築地市場跡地の再開発を話し合う検討会議について、東京都の小池百合子知事は22日、第1回会合を10月12日に開くと発表した。

 この日発表された検討会議の委員には、都市デザイン公共空間活用の専門家の東京大学教授の出口敦氏や、シャネル社長のリシャール・コラス氏などの学識経験者、民間企業経営者らが名を連ねた。小池知事は「今回のメンバーは、文化や街づくりのコンセプチュアルなところでご協力いただける方々。築地の地域特性やポテンシャルなど幅広い観点から検討してもらう」と説明。築地市場の関係者は含まれていないが、「来年度にかけて民間からのヒアリングも行う。まずはコンセプトから入る」とした。

 同検討会議は今後、来年5月ごろまで会合を重ね、築地跡地の街づくりのコンセプトをまとめていく。

(取材・文:具志堅浩二)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします