小池都知事定例会見(THE PAGE編集部)

 東京都の小池百合子知事が29日午後2時から都庁で定例会見を行った。

 小池知事は今月25日、自身が立ち上げた新党「希望の党」の代表に就任することを発表したが、都知事としての職務も続けると明言している。

 ※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】東京都・小池百合子知事が定例会見(2017年9月29日)

オリンピック・パラリンピックのカウントダウンイベントについて

日刊工業新聞:ただ今から小池知事の定例会見を始めます。では知事、お願いします。

小池:皆さんこんにちは。今日はまた多いですね。では私のほうから、まず3点、ご報告をさせていただきます。オリンピック2020、オリンピック・パラリンピックで、ああ、オリンピックのほうですね、カウントダウンイベントを予定いたしておりまして、「みんなのTokyo 2020 1000 Days to Go!」1000っていうのは、1、0、0、0。1000日の1000です。2020年オリンピックまで、ちょうど1000日前となるのが10月28日の土曜日になります。日本橋の中央通りでイベントを開催する予定といたしております。

 このイベントでは、1000日前ということを記念いたしまして、1、0、0、0の数字を載っけた山車4台が中央通りを練り歩くということになっております。オープニングの盛り上げということになります。オリンピアンによりますトークショーがあります。それから新しい種目のスポーツを体験していただくということで、さまざま、イベントを実施させていただきます。それから1000日前を記念しまして、新しくこのようにグラフィックスで例のこのエンブレムをまたいろんな色やデザインに変えて、これを総称してHanabiというふうにしておりますけれども、「Go For 2020! Graphics ~Hanabi~」という名前で制作をされています。

 当日はそのデザインを施しましたオリンピックの日めくりカレンダー型のカウンターですね、それらのお披露目も予定いたしております。10月28日土曜日から、2020年のパラリンピックの1000日前、これが11月29日になりますけれども、水曜日まで、この約1カ月間を、「1000 Days to Go!」1000は1000です。Thousandの1000です。その月間といたしまして、都をはじめとして各自治体、大会スポンサーなど、関係の団体に参加を呼び掛けまして、さまざまなイベント展開を集中的に盛り上げていくというものであります。この月間中は都内、それから全国で祝祭感満載のさまざまなイベントを開催することといたしております。どうぞ多くの方々にご参加いただきまして、2020大会に向けての機運を高めていきたいと考えております。これがまず1点です。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします