東京都の小池百合子知事が特別顧問を努める地域政党「都民ファーストの会」の音喜多(おときた)駿、上田令子両都議が離党の意志を固め、5日午後3時から記者会見した。 

 音喜多氏らは昨年夏の都知事選の段階から小池氏を支援してきた。

※一部、判別できない個所がございますことをご了承ください。

毎日新聞:ありがとうございました。幹事社の毎日新聞から2点ほどお伺いいたします。まず手続き的な話になるんですが、本日、どのタイミングでどなたに対して離党届をお渡しされて、受理されたのかとか、今の手続き的な段階について教えてください。

音喜多:離党届に関しましては、先ほど荒木代表、そして都議団の幹事長、増子幹事長、山内政調会長3名に手渡してまいりました。受理をされたのではないかなと思っておりますが、その処理については先方に聞かなければ分かりません。

毎日新聞:分かりました。あと最後に1点が、小池知事は国政に出るんじゃないかといろいろうわさもありましたが、今のところ都政に専念されるとおっしゃっていますが、今、掲げられた政策ももちろん都民ファーストと重なるとこがあると思うんですが、今後、議会での審議とかの場では、知事に対する姿勢というのは与党、野党と簡単に分けるものでもないかもしれませんが、知事への姿勢という部分はどうなるのか、教えてください。

【中継録画】都民ファーストの音喜多都議らが離党へ 午後3時から会見

この記事の続きをお読みいただくには、Yahoo!ニュースが提供するTHE PAGE プラスの購入が必要です。

THE PAGE 東京をフォローする