#01

モデル:吉井なえ(撮影:マルベル堂、武田仁)

 昭和の大スターやアイドルのプロマイドを販売する、マルベル堂(東京都台東区浅草1)は、店舗から歩いて10分ほどの場所に、撮影スタジオがある。70~80年代風のアイドル衣装などを身に着け、実際に昭和の大スターが座った椅子などのアイテムを使って撮影が可能とあって、一般客の予約も途切れない。

 今回、THE PAGE女子大生リポーター吉井なえが、「マルベル80’s」という1980年代のアイドル風プロマイドの撮影を体験。聖子ちゃんカットのウィッグをつけ、水玉模様のワンピースに着替えたら、気分はもうアイドル。武田店長の「いいんじゃなーい、かわいいよ」「レモン持ってみようか」などノリノリのリードで、慣れていなくても簡単にアイドルモードに突入してしまった。さて、出来上がりはいかに?

 また、撮影中は写メ・動画撮影もOKで、出来上がったプロマイドやCDデータは当日中に受け取れる。プロマイドはL判より縦に10mm長いプロマイドサイズと呼ばれるもので、スターと同じマルベル堂ロゴ入りの袋に封入した状態でもらえるというこだわり。アイドル風の撮影以外にも、宣材写真やポスター、チラシといった商業撮影はもとより、遺影撮影、各種の記念写真などにも対応している。

 また最近では、友達の誕生日にマルベル堂での撮影をサプライズでプレゼントすることも流行りつつあるという。友達には何も言わずに浅草へ誘い、マルベル堂へ連れて行ってしまうというわけだ。

 マルベル堂ホームページからメールや電話で予約でき、撮影プランの相談も可能だ。

THE PAGE 東京をフォローする