東京管区気象台は30日、東京地方で「木枯らし1号」が吹いたと発表した。昨年に比べて10日早いという。

東京で「木枯らし1号」、昨年よりも10日早く

 同気象台によると、千代田区の大手町では、午前11時ごろまでに最大瞬間風速17.0メートル、最大風速8.6メートルを観測した。赤坂見附付近でも、堀端にある木々が、ときおり強い風で大きく揺れた。

 東京地方は、明日の昼ごろまで西高東低の冬型の気圧配置に覆われ、晴天が続く見込みという。

(取材・文:具志堅浩二)

THE PAGE 東京をフォローする